top of page

NEWS

​お知らせ

【税理士コラム】還付消費税を利益にするトリック

先日輸出ビジネスについてご質問をいただいた会社員の方から、再度ご質問をいただきました👍


質問:

前回の消費税還付の話をセミナー講師に伝えたところ


「税込経理だから消費税の還付は利益になります」


と言われました。


よく分からないのですが、本当でしょうか?



回答:

再度のご質問ありがとうございます。


「税込経理だから消費税の還付は利益になります」というのは、本当です。


そして、僕からすると、予想通りの反論です。この反論をすること自体が、典型的な詐●のような気がしています。


詳しく見ていきましょう。


まず、消費税の会計処理には税込経理と税抜経理の2つの方法があります。


大企業は税抜経理が当たり前ですが、中小企業や個人事業主だと、税込経理を採用しているところもあります。


この税込経理で作られた決算書(損益計算書)の見た目が、大いなる誤解を生んでいるので気をつけましょう。



前回と同じように、税抜500円で仕入れたカメラを税抜1000円で販売するとしましょう。国内販売の決算書(損益計算書)は、以下のようになります。




税込経理のほうが売上は多く表示されますが、納付する消費税が経費になりますので、最終的な利益は変わりません。

※税抜経理の場合、消費税は損益計算書(利益の計算)には影響しないように貸借対照表で処理します。複式簿記の世界になりますので、詳細は省きます。


では、輸出の場合はどうでしょうか?




税込経理のほうが売上多く表示されますが、なんと還付消費税50は利益計上されます!が、そもそも売上原価に消費税50が含まれているので、利益はどちらも500です。

【再掲】※税抜経理の場合、消費税は損益計算書(利益の計算)には影響しないように貸借対照表で処理します。複式簿記の世界になりますので、詳細は省きます。


最後に4つ並べてみましょう。



お分かりでしょうか?国内か輸出か、税抜経理か税込経理かによって、消費税が利益に影響を与えることはありません。


ということで、僕のような人間から見ると「輸出ビジネスは消費税還付で儲かる」と謳うセミナーは、あまり真っ当なものとは思えません。


もちろん、円安や物価の関係で国内販売よりも輸出のほうが売れやすいという面はあるでしょう。また、どんな商売でも一定の確率で成功する人が出てくるというのは動かしがたい事実です。


しかし、だからといって、「消費税還付で確実に儲かる」というのはミスリードが過ぎるような気がしています。






※当コラム・インスタグラムの内容はすべて投稿時点の法令に基づく一般的な内容に限定されます。

また、閲覧者が理解しやすいように簡潔・平易な記述をしているため、正確性を保証するものではありません。

※インスタグラムに記載の情報に基づき実務を行う場合、当事務所または税理士等の専門家にご相談ください。当事務所との契約に基づき実施した場合を除き、インスタグラム記載の情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切の責任を負いません。

Comentários


bottom of page