NEWS

​お知らせ

【税理士コラム】個人事業主は生活費を経費にできる?

更新日:8月31日

独立を目指す会社員の方から、経費についてのご質問をいただきました👍


質問:

30代会社員♂です。

来年、独立を考えています。


個人事業主になると生活費を経費にできると聞きましたが、本当でしょうか?


回答:

ご質問ありがとうございます。


中らずと雖も遠からず、です。


税法では、支出費用のうち「家事関連費」については、事業所得を生ずべき業務の遂行上必要であり、かつ、その必要である部分を明らかに区分できる場合には、その部分を必要経費に算入する、としています。


たとえば、自宅マンションの1部屋を事務所として使用している場合、家賃のうち、事務所部屋の面積に対応する部分を必要経費に算入するというケースが考えられます。


仮に家賃15万円、事務所部屋の面積が全体の30%の場合、必要経費算入額は以下のように計算することが考えられます。


15万円 ×30% = 4万5千円


この場合、家賃全額を必要経費にしてしまうと、税務署から指摘を受ける可能性がありますので、ご注意ください。


※当コラム・インスタグラムの内容はすべて投稿時点の法令に基づく一般的な内容に限定されます。

また、閲覧者が理解しやすいように簡潔・平易な記述をしているため、正確性を保証するものではありません。

※インスタグラムに記載の情報に基づき実務を行う場合、当事務所または税理士等の専門家にご相談ください。当事務所との契約に基づき実施した場合を除き、インスタグラム記載の情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切の責任を負いません。