NEWS

​お知らせ

レシート・領収書の保管方法について【税理士コラム】

更新日:5月24日

美容サロン経営者の女性からよくある素朴な疑問をいただきました。


質問:

個人事業主(女性)です。美容サロンを経営しています。消耗品の購入や会食など、毎月たくさんのレシートがたまるのですが、全部A4の紙に貼って保管しないとダメなんでしょうか?

以前の顧問税理士にそう言われたのですが・・・


回答:

ケースバイケースですが、ほとんどの場合そこまでする必要はありません。

ちなみに当事務所ではやりません。



そもそも、なぜ領収書をA4の紙に貼るのかを考えてみましょう。


個人も法人も、法令により領収書を含む帳簿書類を整理し、 保存することが定められています。

したがって、整理と保存は必要です。

しかし、A4の紙に貼りなさいとはどこにも書いてありません。


では、なぜ皆さんA4用紙に貼るのでしょうか?

理由は、後から見やすい(と思われている)からです。


では、後から見るのは誰でしょうか?

①経理の人

②会計事務所の人

③税務署の人


上場会社であれば会計監査人、内部監査、○○監査、○○室長・・・など多くの人が見るかもしれませんが、非上場会社や個人事業では上記の3組だけだと思います。


しかし実際は・・・

①経理の人⇒皆さん、後で領収書を見ることってありますか?僕は99%ありません。

②会計事務所の人⇒当事務所では後から必要な領収書はスキャンデータをもらうので、紙を見ることはありません。

③税務署の人について⇒来るか来ないか分からない人のためにそこまでやりますか?


ということで、わざわざA4用紙にレシートや領収書を貼る必要はありません。

クリアファイルや封筒などに月別にまとめておけば十分です。


当事務所では、領収書保存におすすめのファイルをご案内しておりますので、お気軽にご相談ください。

領収書貼り付けの呪縛から解放され、楽しい仕事に時間を使いましょう。


なお、そもそも神での保存から解放されるためには電子帳簿等保存制度に準拠する必要があります。

要件を満たさずに、勝手に電子化することはできませんので、ご注意ください。

中園一樹会計事務所では、税金、経営、お金に関するご質問を募集中です。

お問合せフォームまたはインスタグラムからお気軽にDMをお送りください☺

※当コラム・インスタグラムの内容はすべて投稿時点の法令に基づく一般的な内容に限定されます。

また、閲覧者が理解しやすいように簡潔・平易な記述をしているため、正確性を保証するものではありません。

※インスタグラムに記載の情報に基づき実務を行う場合、当事務所または税理士等の専門家にご相談ください。当事務所との契約に基づき実施した場合を除き、インスタグラム記載の情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切の責任を負いません。