NEWS

​お知らせ

役員賞与を損金算入するには?【税理士コラム】

先日役員へのボーナスについてのご質問をいただいた中小企業の社長から、再度ご質問をいただきました👍


質問:

前回、質問した中小企業社長です。自分へのボーナスはダメということで、とてもがっかりしています。


どうしてもダメでしょうか?なにか裏技的な方法はないのでしょうか?


回答:

ご質問ありがとうございます。


お気持ちはとてもよく分かります。役員へのボーナスは、税金という意味ではデメリットしかありませんが、税金を気にしないのであれば、支給しても大丈夫です。


税金を負担してでもボーナスを出すという判断も、選択肢の1つです。経営は税金がすべてではありません。社長のモチベーションのほうが大切です。


ところで、裏技ではありませんが、「どうしても」というあなたのために、法人税の問題をクリアしつつ、役員にボーナス(的なもの)を支給する方法を1つご紹介します。


事前確定届出給与という制度です。ただし、率直に言って使い勝手が悪いため、オススメの制度ではありません


詳しくご説明しましょう。


事前確定届出給与とは、文字通り、事前に所定の手続により税務署へ届出を行い、届出内容通りに支給すれば、定期同額給与でなくても、役員賞与の支給が認められる制度です。



届出の手続は少し複雑ですが、掻い摘んで言うと、「事業年度開始4か月以内」か「(報酬を決議した)総会等の日から1か月以内」のいずれか早い日までに、税務署に対して「何月何日に誰(役員)にいくら支給するか」を届け出ます。


そして、届け出た内容通りに支給すれば、全額経費にすることが可能です。


ただし、支給日が1日でも違ったり、支給額が1円でも違ったりすると、全額経費として認められなくります


予想より儲かったのでちょっと増やす、というような使い方はできません。


利益を分配するという、賞与本来の趣旨には合わない制度ですので、ご注意ください。


また、届出書や添付する議事録の記載にもミスが発生しがちで、結果的に経費として認められないケースもあります。


こうしたことから、僕はオススメしていません。「役員賞与で節税!」というようなblogも見かけますが、あまり期待しないほうが良いと思います。


※当コラム・インスタグラムの内容はすべて投稿時点の法令に基づく一般的な内容に限定されます。

また、閲覧者が理解しやすいように簡潔・平易な記述をしているため、正確性を保証するものではありません。

※インスタグラムに記載の情報に基づき実務を行う場合、当事務所または税理士等の専門家にご相談ください。当事務所との契約に基づき実施した場合を除き、インスタグラム記載の情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切の責任を負いません。