NEWS

​お知らせ

公認会計士に未来はあるか?【税理士コラム】

30代の公認会計士の方からご質問をいただきました👍


質問:

30代公認会計士です。監査法人に勤めています。今年もようやく繁忙期が終わり、一息着くことができましたが、来年もこの激務が待っていると思うと憂鬱になります。


とはいえ、AIの時代に独立しても、一人で食べていける気がしません。業界に明るい未来が見えません。なんとかならないでしょうか?


回答:

ご質問ありがとうございます。


僕も30代の公認会計士ですので、お気持ちはとてもよく分かります。

あなたを勇気づけることができるかどうか分かりませんが、中東に伝わる物語を、1つご紹介しましょう。


ある日、王様が3人の息子達を呼んでこう言いました。


お前たちに17頭のラクダを残そう。長男には半分次男には3分の1三男には9分の1をやろう。


計算の得意な会計士であればすぐに分かりますね?そうです。17半分にすることも、3で割ることも、9で割ることもできません


困った兄弟は、ある賢い老婆に相談することにしました。老婆は言います。

お前たちの助けになるのか分からないが、私のラクダを1頭あげよう。


すると、どうでしょう?


1頭増えて18頭になったラクダは、半分にすることができます。3で割ることも、9で割ることもできるのです。


こうして、王様の言いつけ通りに、長男は18頭の半分に当たる9頭を、次男は3分の1にあたる6頭を、三男は9分の1にあたる2頭のラクダを貰いました。おやっ?合計は17頭です。余った1頭は、老婆に返すことになりました。


めでたし、めでたし。


これは『ハーバード流交渉術』の著者ウィリアム・ユーリー教授がTEDで紹介した物語です。

ユーリー教授は、この物語を通じて第三の立場の重要性を説いています。

物事が行き詰ったとき、第三の立場に立つことで、視野が広がり、新たな解決策を見いだせるかもしれない。


会社経営の当事者である社長は、得てしてご自身の考え信念に囚われがちです。

そんなとき、公認会計士税理士は、第三の立場から、社長とは異なる視点を提供できるのかもしれません。


社長、たまにはバルコニーに出て、広い景色を眺めに行きませんか?そうすれば、他の方法が見つかるかもしれませんよ。


僕たち士業に求められているのは、AIで置き換えられる作業知識だけではなく、ときどき社長をバルコニーに連れ出し、広い景色に気づかせてあげる、そんな役回りなのかもしれませんね。

※当コラム・インスタグラムの内容はすべて投稿時点の法令に基づく一般的な内容に限定されます。

また、閲覧者が理解しやすいように簡潔・平易な記述をしているため、正確性を保証するものではありません。

※インスタグラムに記載の情報に基づき実務を行う場合、当事務所または税理士等の専門家にご相談ください。当事務所との契約に基づき実施した場合を除き、インスタグラム記載の情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切の責任を負いません。